ONLINE HEALTHY JUICE BAR
糖質制限中に使った食べ物・料理【34歳男性が4kgの減量に成功した事例を紹介します】
2018年11月01日

あくまで個人的な見解です

ここでいう34歳男性とは僕のことです。

不肖、わたくし8月から断食やら糖質制限をしまして77kgあった体重から72kgまで落としました。

一番苦労したのは食事。かつ一番楽しんだのも食事。

『結局、なに食べたら良いかわからん』

という人は是非ご一読ください。

※シンプルに僕が糖質制限中に食べた食事だけ掲載します。

世の中に食材って沢山あるから全部の種類を調べて分別するより、

食べてよいモノ、且つ個人が薦める食べ物の方を知る方が楽なので、是非ご参考ください。

まず糖質制限ダイエットの振り返り


まず僕が行った糖質制限のルールを記載します。

糖質は基本摂らないことを徹底的に意識


炭水化物をはじめ調味料とかドレッシングとかで絶対に糖質は摂らないという意識をもつこと。

食べてもお昼ご飯に自分のこぶしサイズを食べるくらい。

徹底的に意識した上で、少しずつ妥協する。最初から妥協するとメッチャ妥協するので、最初ガチガチに糖質制限して、少しずつ崩していく方が難易度低いです。

朝・昼・晩御飯を3食食べる


糖質制限は血糖値の上昇を控えるためにやること。

血糖値が上昇すると肥満ホルモンと呼ばれるインスリンが体内に発生し、血糖値を下げます。

ただ下げた後に残った分のインスリンは脂肪を結合し体内に残します。

なので血糖値を上げすぎるとインスリンが出すぎて脂肪がつく=太る。

なので血糖値は上げないようにすることが大事。

んで、空腹状態が続きすぎた状態で糖質の高いものをドカンと食べると、血糖値がドカンと上がるらしい。

朝食抜いて、お昼にラーメンチャーハンを一気食いとか。やってませんか?

なので朝、昼、晩とちゃんと食べて、一気に血糖値が上がるのを防ぐ。

ということ。

ちなみにお相撲さんは1日1食か2食しか食べないらしく、これはあえて太るためらしいです。

糖質低めのお酒は飲んで良い


かなりの晩酌好きな僕なので、お酒はOKです。

後述しますが、日本酒、ウィスキー、ワインはOK。日本酒は完全NGです。

以上がマイルールです。

要するに糖質を意識して食べないようにすれば、8割くらいは解決します。

ここから私が使ったオススメの食材をご紹介していきます。

糖質制限中にオススメの食材


shutterstock_1102068611
※個人の主観ですので予めご注意ください。

その1▶BeFixヨーグルト

ヨーグルト

その2▶インスタントバターコーヒー

チャコールバターコーヒーの
まずこの2つは朝ごはんとして毎日食べていました。

元から朝ごはんは全然食べなかったのですが血糖値のロジックを知り、朝ごはんを食べるように。

ただ面倒くさいし、何を食べるか…となり血糖値を抑えると言われる食材、且つダイエットになるものを食べよう。

と色々試したのが、この2つです。バターコーヒーとヨーグルト。

ヨーグルトは血糖値を下げる作用があると最近言われております。

103e610e-74f7-4468-9201-32d3b9665384-11082-000005934278cda8
引用元:八木教授, Glycative Stress Research; 5,1,2018に掲載予定

またセカンドミール効果という1食目を食べることで2食目により起きる血糖値の上昇を抑える効果を狙っています。

バターコーヒーは脂質を摂取するために。

脂質を摂取すると空腹感が減る、のと脂肪燃焼を促す。という情報を信じて飲み始めてます。

またコーヒーは飲むと頭がスッキリするので、とてもGOODです。


その3▶MCTオイル

MCTオイル
さっきのバターコーヒーに加えて飲むのがMCTオイル。

ココナッツから抽出される、中鎖脂肪酸という脂肪酸。

すぐに消化されエネルギーになるのに、脂肪として蓄積されにくいものです。

その4▶サラダ

サラダの写真
コンビニのキャベツサラダを買ってきて、いろいろ乗っける。

結構お腹いっぱいになる、プラス食物繊維やビタミンが摂れるから糖質制限中によくある便秘対策になります。

その5▶鍋


鍋の写真 自炊するのが面倒な時はとにかく鍋で。

野菜は糖質制限中でも『根菜以外』はどれだけ食べても良いし、牛、豚、鶏は含まれる糖質が少ないので、どれだけ食べてもOKです。

マロニー・春雨・葛切りはNG。

その6▶厚揚げ

厚揚げの写真
これめっちゃ食べました。
厚揚げは味もしっかりしてるので食べごたえ抜群。しかし原料は大豆なので、糖質ほぼなし。

焼いても良し、煮てもよし、一番オススメな食材かもしれません。

個人的に一番好きだったのは、塩焼きかマヨネーズを付けて食べる方法。

その7▶マヨネーズ


マヨネーズが乗ってるサラダの写真


マヨネーズはメッチャ太りそうなイメージですが、実は糖質で考えると低糖質な調味料。ケチャップとかソースの方が全然糖質入ってます。

サラダにもかけて良いし、前述の厚揚げでもメッチャ使ってました。

なおマヨネーズはカラダに悪いイメージもありますが、それはコレステロールが溜まって血管が詰まるという話とか。

最近の研究ではコレステロールは食事からは生み出されず、カラダから生み出される方が多いということがわかってきたので

マヨネーズがカラダに悪いというのは誤りです。

その8▶6Pチーズ

6Pチーズ
お腹が空いた時の間食や晩酌のアテに。

その9▶ナッツとビーフジャーキー

ナッツとビーフジャーキー
2つ一緒にしちゃいましたが、お腹空いたのをごまかすには、この2つでした。

ナッツはカロリーが高いんですが、食物繊維が豊富。糖質ダイエットの時は炭水化物を抜くので食物繊維が不足しがち。

そんな状況をサポートしてくれます。

長い…そろそろ疲れてきた…

その10▶糖質0面

糖質ゼロ麺
糖質制限においては、麺類は基本NGです。小麦粉で、できてるので糖質が高めです。

蕎麦は?と思われますが、最近の市販のものは小麦粉が沢山入ってます。十割そば、とかであればOKだと思います。

この糖質0麺は、それでも麺類が食べたい時に重宝しました。

味は柔らかい中華麺みたいな感じ。歯ごたえとかはないけど、麺類を食べてる感覚はあるし、普通に美味しい。

でも糖質0!!!

食材については、そんな感じですかね。

本当に糖質量だけ気にすれば、カロリーは摂ってよいので、お腹いっぱい食べられます。

続いてお酒です。

その1▶芋、麦焼酎

お酒には蒸留酒と醸造酒ってのがありまして、作り方により糖質が変わります。

蒸留酒▶焼酎とかウィスキー
醸造酒▶日本酒とかワイン

になります。
蒸留酒が糖質が少ないお酒です。

なので飲むのは焼酎とウィスキーでした。

家では焼酎を飲み、飲み屋で不味い焼酎は飲みたくないので、専らハイボール飲んでました。

ただお酒を飲むと自制心が抑えられなくなるのと、食欲が出てきてしまうので適量にしましょう。

基本、お酒で太ることはありませんが、一緒にする食事で太るということはよくありますので、十分に注意しましょう。

糖質制限中に食べたものまとめ


ダイエット企画

凄くシンプルに言うと、

炭水化物・根菜は避ける。

→どうしても食べたい時は、お昼に少しだけ。他の食材で誤魔化す。

砂糖使ってる調味料は避ける。

→ケチャップ、ソース、タレ。

葉野菜・肉はどれだけ食べてもOK。

調味料は塩・胡椒で。

『しんどそう』と思われがちですが、お腹を一杯にできるので、本当に糖質量の知識を得て、それを食べるだけ。

なので全然しんどくありません。ちょっと面倒くさいけど。

知識が蓄積されれば、すぐに食材を判断できるようになるので楽しくもなってきます。

短期でも結果は出るので、1週間なり2週間、まずはお試ししてみては如何でしょうか?

毎日更新、ダイエットSNS
  • LickART(リックアート)のLINEアカウント
  • LickART(リックアート)のインスタグラムアカウント
  • LickART(リックアート)のツイッターアカウント
FACEBOOK

\糖質制限ダイエットブログ/